ライン ライン

名古屋・愛知・岐阜で水槽リース・メンテナンス・製作

電話番号
ふくおか耳鼻咽喉科 中待合室

ふくおか耳鼻咽喉科 中待合室

シリキルリスズメ

生息域・サンゴ礁域
特徴・・青い体色に黄色い尻尾をしていることから名がついた。群れで生活する種類で大きくなると縄張り意識が強くなる個体もいる。

ナンヨウハギ

生息域・サンゴ礁域
特徴・・ファインディング・ドリーでおなじみの種類。映画で描かれているように死んだふりや岩の隙間に隠れるなどの修正を持っている。

ゴマハギ

生息域・サンゴ礁域
特徴・・全身こげ茶色の種類。尾びれの付け根にある白い棘思っており、威嚇や攻撃の際に使用する。

カクレクマノミ

生息域・サンゴ礁域
特徴・・ファインディング・ニモのモデルとなった種類。生まれたばかりはすべてオスで群れの中で一番大きい個体がメスとなる。(性転換)イソギンチャクの毒に強く、イソギンチャクの中で共生生活をする個体もいる。

ヒメゴンべ

生息域・サンゴ礁域
特徴・・全身に赤い斑点模様があるのが特徴。魚の中で浮袋を持たない仲間の一種で移動やエサを食べるとき以外は底砂や岩の上でじっとしていることが多い。

ペルクラウン・アネモネフィッシュ

生息域・サンゴ礁域
特徴・・カクレクマノミに似た種類。カクレクマノミよりも黒い部分が多く、イソギンチャクの毒にも強い。やや気性が荒いので一緒に水槽に入れる種類を気を付けなければいかない。

シマキンチャクフグ

生息域・サンゴ礁域
フグの中でも小型のフグに分類され、最大約10㎝ほどの大きさになる。内臓に毒を持っており、黒と白の特徴的な見た目をしてるがほかの魚に食べられることは少ない。この特徴を利用してシマキンチャクフグに擬態する魚もいる。オスは目元がメスよりも目立つように色が明るくなっており、よく見るとその区別がつく。

アケボノチョウチョウウオ

生息域・サンゴ礁域
自然界ではサンゴのポリプや藻類を主食としている。水槽飼育下では、配合飼料にも餌付く。成魚になるにつれて尾びれの付け根の黒い斑点模様が目立たなくなる。